toggle

古陶資料館

清右衛門陶房では古陶資料館を開設し「古信楽」の研究に努めています。

また、「信楽」を広く深く知って頂きたく、一般にも公開しています。

資料館には日本の陶磁史の参考品として縄文、弥生土器、須恵器や紫香楽宮の瓦と釘。

信楽焼の始まりである鎌倉中期から江戸初期までの「古信楽」の大壷と各古窯跡から採掘された陶片。

江戸時代の登り窯による大きな茶壷やブクの壷、明治以降の燗徳利、急須、汽車土瓶などの釉薬による製品、利十郎(初代直方)に始まる幕末から昭和初期の信楽の名工の作品、など展示しています。