toggle

信楽焼

信楽焼について

天平年間、聖武天皇によって紫香楽宮が造営されました。わずか数年で遷都されたため幻の都といわれています。

近年の発掘では宮殿跡や毘盧舎那仏(大仏)をつくるための炉跡なども発見されています。

鎌倉時代中期に穴窯の技術が導入され、古琵琶湖層からなる希有な胎土を用いて、壺、甕、擂鉢が焼かれ始めます。これらは収穫した種を入れるものとして農民の手でつくられていました

また、村田珠光、武野紹鴎らにより茶道具として見立てられ、のちに紹鴎信楽、利休信楽、宗旦信楽、遠州信楽など、茶人の好みによるものがつくられています。

十七世紀以降、登り窯が主流となり、茶壺や花入、明治以降は火鉢や糸取鍋など、時代の変容とともに多様に変化し、常滑、瀬戸、越前、備前、丹波と並び、日本六古窯の一つとして、受け継がれています。

鎌倉時代から安土桃山時代までの中世(とくには室町時代)に穴窯でつくられた壷は「古信楽」として世界的に貴重なものとされています。

日本の美意識の根幹ともいわれ、川端康成、白州正子、土門拳など、多くの文化人を魅了してきました。昭和の始めごろから江戸時代の始めに途絶えた穴窯が再興されますが、「古信楽」の焼成方法の多くは未だに解明されていません。

紫香楽ノ宮の鎧瓦